『葛飾北斎(かつしかほくさい)』

葛飾北齋は、江戸時代後期の著名で多作な浮世絵師でした。

宝暦10年9月23日(1760年10月31日)に生まれ、『富嶽三十六景』等の浮世絵で知られる、化政文化を代表する画家となり、当時として長生きした人でした。

四世川柳の門人でもあり、柳号を卍とされていました。

葛飾北斎が亡くなったのは、嘉永2年4月18日(1849年5月10日)のことだったとされています。

葛飾北斎の辞世の句として、「人魂で 行く気散(きさん)じや 夏野原」が残されています。

おすすめの記事